金属部品

  1. トップページ
  2. 金属部品

日本メカニックの試作とは

 当社は、試作から量産まで事業展開しております。特に他社が手をつけにくい試作品のビジネス展開に力を入れております。製品開発、設計、開発購買の方にシャフト・ローラで1個の試作品でも即座に提供致します。

 

 スピード対応、技術力、短納期に対応でエンジニアの方にとって世界一のシャフト・ローラ加工メーカーを目指しています。


 試作については、1個の試作から量産試作加工までをどこよりも早く提供することをモットーに試作の短納期対応をしております。

 

お客様から頂いた図面を素早く一気に仕上げます

1個の原理(開発)試作から量産試作加工までFAX&メールで24h受付

 

切削加工は他の加工方法に比べて加工効率が良い方法です。

放電加工、研削加工、その他いろいろな加工方法がありますが、実際に工具で金属を削っている時間は結構短いものです。

弊社のよく扱っている手のひらに乗るくらいの製品は、かなり複雑な形状でも実際に加工している時間を考えると1時間を越えることはほとんど無いでしょう。

お問い合わせから納品までのワークフロー

実績 月間 300点以上 最短、即日納期 0日間

微小部品~長尺シャフト・ローラまで

加工フロー

表面処理事例

【電解メッキ・無電解メッキ】
  • 無電解ニッケルメッキ・電気ニッケル
  • 亜鉛メッキ・黒亜鉛メッキ
  • クロームメッキ・黒クロームメッキ
  • ニッケルメッキ・硬質メッキ
  • 金メッキ・銀メッキ
  • テフロンメッキなど
【熱処理】
  • 焼入れ
  • 真空焼入れ
  • 高周波焼入れ
  • 浸炭焼入れ
  • 窒化処理
【ブラスト】
  • 表面粗さ
    鉄系:Ra0.8~Ra3.0
    アルミ系:Ra0.2~Ra13.0
フレキシブルに対応できる人員が常時対応
お問い合わせから納品までのワークフロー

短期納期試作

 量産も試作も対応しておりますが、ほとんどの製品が機械の占有時間で1週間を超えることはありません。また、それぞれの製品サイズで2台以上のマシンを用意しているので、
たとえ量産が入っていても、短納期製品も並列で処理できるような仕組みをとっているので、短納期に強い会社といえます。

 

 また、当社は、人、設備、ノウハウを自社で全て対応できるので量産時に発生しうる問題点も同時に提起し、試作の段階から問題解決が可能です。

 

 原理(開発)試作では、短納期、即日を目指し速く加工します。

 改良試作では原理(開発)試作時のデータを流用します。

 量産試作では、精度や製作数量に応じて同仕様、同精度の製品を提供いたします。

お問い合わせから納品までのワークフロー

シャフト・ローラー 板金サンプル

シャフトローラー

シャフト ローラ 芯金 OAシャフト プリンタシャフト OAローラ

アルミパイプ

スリーブ 三ツ矢管 マグローラ アルミパイプ マグスリーブ 成形

微小部品

ピン ネジ カメラ カシメ ゲージ 異形材

板金

板金試作

樹脂切削

樹脂ワッシャ 樹脂ローラ

 

工場見学

工場見学