OA機器メーカー様の事例 CASE STUDY

【C社様(OA機器メーカー)に対する仕様変更による品質向上を提案】

BEFORE

段付きシャフト部品において、下図のように同軸度0.005mmの指示があります。切削加工では精度が出づらく、品質が安定せずにコスト、納期が大幅にかかります。

シャフトローラー

AFTER

段付きシャフト部品において、切削加工ではなく研磨加工の指示に変更します。また、段付き研磨を行う事で2段同時に研磨加工ができ、品質の安定と短納期での出荷が可能となりました。

シャフトローラー

提案のポイント

段付きシャフト部品で、同軸の精度を重要視する場合は切削加工では品質が安定せず、納期やコストアップに繋がります。段付き研磨を採用することで、同軸のずれが無くなり、品質の向上につながります。また、量産対応がしやすくなります。

 自社開発製品 

三軸測長器
万能クリップ
FineCutino
疑似体験装置

〒300-1156 
茨城県稲敷郡阿見町福田84-1
電話:029-889-1076
FAX:029-889-1224