搬送用設備メーカー様の事例 CASE STUDY

【B社様(搬送用設備メーカー)に対する仕様変更によるコストダウンを提案】

BEFORE

シャフト部品加工において、下図の様にPOM材にSUS材シャフトを圧入する指示があります。POM材の外径規格にφ12mmが無く、切削加工もしくは研磨加工を施す工程が増え、加工時間が掛かることでコストが高くなります。

シャフト部品加工

AFTER

シャフト部品加工において、下図の様にPOM材の外径公差をφ12.5+0.1/+0.8 mmに変更が可能であれば、流通している材料がそのまま使えるため、外径加工が不要となります。
本提案にて、後工程(外径切削、研磨加工等)が省けたことで、コスト削減につながりました。

シャフト部品加工

提案のポイント

シャフト部品加工において、流通している規格に変更する事で、工程が簡素化でき、工程の作業効率につながります。

 自社開発製品 

三軸測長器
万能クリップ
FineCutino
疑似体験装置

〒300-1156 
茨城県稲敷郡阿見町福田84-1
電話:029-889-1076
FAX:029-889-1224