プリンターメーカー様の事例 CASE STUDY

【A社様(プリンターメーカー)に対する仕様変更による短納期とコストダウンを提案】

BEFORE

シャフト部品加工において、下図の様に「三ツ矢管」にピンを圧入した加工があります。通常、各材料を手配して加工を行いますが、「三ツ矢管」は一般市場に流通していないため、入手は困難となります。※三ツ矢管材は金型作製から入る事が多く時間がかかります。

三ツ矢管

AFTER

シャフト部品加工において、三ツ矢管から「パイプ材+フランジ圧入」に仕様を変更する事で材料入手が容易となり、短納期を実現しました。

提案のポイント

「三ツ矢管」のような市場に流通していない特殊な材料に限定せず、市場にある材料を組合わせて設計し直すことで、短納期やコストダウンに繋がります。

 自社開発製品 

三軸測長器
万能クリップ
FineCutino
疑似体験装置

〒300-1156 
茨城県稲敷郡阿見町福田84-1
電話:029-889-1076
FAX:029-889-1224